微笑んでいる女性

マスカラでボリュームアップをしたり、つけまつ毛やマツエクなどアイメイクを行わずに、魅力的な目元を手に入れたいと考えている女性は増えてきていますが、市販されているまつ毛美容液ではまつ毛のトリートメントケアを行うことはできても、本格的な育毛ケアを行うことができない特徴がありました。そこで自まつ毛の育毛に効果が高い有効成分を主成分としている、まつ毛育毛剤を目元のケアに取り入れる人が多くなってきています。

まつ毛育毛剤は現在先発医薬品であるルミガンをはじめ、様々なメーカーからジェネリック医薬品として開発、販売されている特徴があります。その中でも特に人気が高まってきているのがケアプロストです。ケアプロストには先発医薬品と同じ、有効成分ビマトプロストを主成分としている医薬品で、まつ毛の生え際に塗布することで有効成分が毛包部分に作用し、休眠状態の毛根に発毛を促したり、これから新しく生えてくる毛が太く、長く成長しやすくなる作用があります。

ケアプロストはジェネリック医薬品のため、きちんと育毛効果が得られるのか不安と感じる人も少なくありませんが、ケアプロストを販売しているのはインドにある大手の製薬会社です。インドのジェネリック医薬品は品質の高い医薬品を低価格で販売している特徴があることから、世界中の至るところで使用されており、安心して利用することができるとして国内でも利用者は増えてきています。

ケアプロストの主成分であるビマトプロストは、アメリカのFDAの臨床試験にてまつ毛の育毛効果があるときちんと認証されています。国内でもまつ毛美容液は化粧品として分類されていますが、ケアプロストといったまつ毛育毛剤は医薬品として認められており、実際に購入する際には医療機関での処方を受ける必要があります。

実際にケアプロストをまつ毛に使用する場合、1日1回を目安に就寝前に塗布することを原則としています。また得られる育毛効果は継続して4ヶ月使用することで得られるといわれています。早い人であれば1週間、遅くても約数ヶ月は様子を見つつ使用を続ければ、既に生えているまつ毛は長く、太くなっていきますし、新しくまつ毛が生えてくる本数も増えていくので、以前よりも確実にボリュームアップすることが出来ます。

一般的にまつ毛の毛周期は約3週間と非常に短い特徴がありますが、ケアプロストを使用することで毛周期の中で毛が成長する期間である成長期が延長され、最大で約4ヶ月ほど育毛することで通常よりも長く、太いしっかりとした毛質に整えることが出来るのです。

ただケアプロストは医薬品のため、正しい用法用量を守って利用することが必要となります。使用方法をきちんと理解して使うことが大切です。使用する上で起こる可能性がある副作用のリスクなどもきちんと確認しておくようにしましょう。