妊娠の確率を上げる体位とは

子どもが欲しいと思っているのになかなか授からない経験をした人は決して少なくないと思います。妊娠のしやすさは年齢も大きく関わってくるのは言うまでも ありませんが、食生活などから健康な身体をつくることで赤ちゃんを迎えやすい環境を整えるのが基本です。これを踏まえた上で、子作りの仕方も工夫してみま しょう。
まず、セックスをするタイミングですが、排卵日前後だけピンポイントで行うのではなく、できればまんべんなく行うほうがいいでしょう。単 純に回数に応じて妊娠の確率が上がるはずですし、男性の精液を新鮮なものにできます。ただし、極端に多く行うと精液の濃度が薄くなってしまうので注意しま しょう。
次に体位についてですが、女性によって子宮が前に傾いているか、後ろに傾いているかの違いがあるようです。自分がどちらのタイプなのかは 産婦人科ですぐに教えてもらえます。前者の場合は正常位が適しています。腰に枕をあてて位置を高くするとより多くの精液を子宮に届けられるそうです。後者 の場合は、女性が四つん這いになって後ろから挿入する後輩位で行ってみてください。行為後は30分ほど挿入したまま動かないのが望ましいです。
妊娠は摩訶不思議、神様が決めるものという考えもありますが、現実的に、できる工夫を試して妊娠を呼び寄せる努力をしたいものですね。